年収によっては総量規制対象外のキャッシングを選ばなければならない

キャッシングやカードローンで借りる場合には、消費者金融や銀行などがありますが、もし300万円借りたいと考えた場合には、消費者金融で借りるなら年収が900万円以上ないと借りることができません。なぜなら総量規制の関係で、消費者金融では年収の3分の1以上を借りることができないからです。ですので、少額を借りる場合には特にどの金融会社でも問題ありませんが、大口で借りたい場合には、総量規制対象外の金融会社を検討する必要が出てきます。その場合、銀行のキャッシングやカードローンで借りるということになります。銀行は、総量規制対象外ですので、審査に通れば年収の3分の1以上を借りることができるからです。ですので、300万円借りたいけれど自分の年収が900万円以下という時には、銀行に申し込むことになります。おまとめや借り換えなどでは、それまで数社で借りていた借金を一本化しますので、ある程度の金額を借りる必要があります。ですので、消費者金融でキャッシングやカードローンできる金額では、一本化が難しくなる場合も多いのです。銀行は審査が比較的難しいという印象ですが、最近ではとても借りやすくなっています。もともと金利も低めに設定されていますので、おまとめや借り換えにも適しているのです。銀行の中には300万円までなら収入証明が必要ないところもあります。ですので、自分の借りたい金額と年収をよく考えて、キャッシングやカードローンの利用する金融会社を選ぶことが大切です。