1社で200万円のキャッシングと、複数社で200万円のキャッシングでは全然違う

キャッシングが身近になり、複数のキャッシングサービスを契約することも珍しくなくなりました。キャッシングのサービスは金利も違えば、キャッシング以外のオプションサービスも各社でそれぞれ違うこともあり、お得なキャッシングサービスを探して複数契約する方も多いようです。
キャッシングを使う上で気を付けておきたいポイントがあります。それは、借入総額が一緒でも、複数のサービスからの借り入れと単独サービスからの借り入れではまったく考え方が違うということです。例えば、200万円の借り入れがあったとして、単独で借りている場合は月の支払いが7万円だったとします。しかし、複数のキャッシングによって合わせて200万円を借りた場合には、月の返済額が7万円を越えてしまうことが多く、同じ借入額でも、生活への影響がかなり違ってきます。また、金利についても、単独で借りた場合にくらべて複数で借りた場合には、金利負担が完済時に数倍に跳ね上がることもあり、複数のローンを使う際には、月々の支払に特に注意が必要です。
少額といえども借入数が増えてしまった場合には、複数の借入数をまとめて一つにしてくれる、おまとめローンを利用することをオススメします。金利負担も複数の支払いから一つにまとめればすれば目に見えて減らせますし、何より、月の生活費に余裕が生まれます。借入の総額は減ることはありませんが、月の支払い額を減らすことで、生活を見直し、余裕が出た時に繰り上げ返済を行えばよいのです。