キャッシングで200万円を借りる人の傾向

キャッシングの利用者のほとんどは10万円以下の小額借入ですが、一度に200万円以上借りる人も存在します。200万円も借りるなんて、よほど良い趣味を持っているのだろうと思われるかもしれませんが、高額借入の場合、そのほとんどが他社返済を目的としています。他の銀行や消費者金融から多額の借金があって、まとめて返済したい。金利の低い金融機関に借り換えしたい。他者返済が追いつかなくなってきたので、新規契約して返済計画を立て直したい。このように、キャッシングで200万円以上借りる方は、一本化、借り換え、返済計画の立て直しなどを目的としています。うまく返済できないと、また新たな借金を増やしてしまうことになりますから、計画的に行う必要があります。多重債務を解消するためには、債務整理という手段もありますが、一度に200万円を借りられるということは年収600万円以上の方ですので、債務整理をしなくても返済できる方が多いです。債務整理をすると信用情報に傷がつき、何年間もキャッシングを利用できない期間が続きますので、定期的に利用している方にとっては避けたいところです。他社返済のためにキャッシングをすることは、利息が増える可能性があるためあまり望ましいことではありませんが、より低金利のプランに借り換えることで、返済総額を減らせる場合もあります。多条債務に陥っており、借金の返済が厳しいという方は、各社のおまとめローンなどを検討してみてはいかがでしょうか。